婚活を見直す方法

婚活を始めしょうと思うとき、きっと、人と関わる覚悟と自分と異なるパートナーを受け入れるそんな覚悟を持って、どこで、どのような形で始めようかと考えことがありませんか?

数多くの結婚相談所の中で、一つの相談所を選ぶまでに、幾つもの相談所や方法とくらべてから、私どもプルミエを選んでいただきます。

その時に「私のことを一番深く理解してくれそうだと思ったから」そんな言葉を聴くことがとても嬉しくて、ご成婚を目指して可能な限りお手伝いしたいと思う瞬間が、そのくらい真剣に考えて一歩を踏み出していただくことに緊張する瞬間でもあります。

そのためには丁寧なカウンセリングが必要となりますので、多くの方に味わっていただきたくて婚活を見直すためのカウンセリングを行っております。

一人では成婚まで進められない?

もちろん中にはアプリなどで一人で結婚まで進められ方が一定数いらっしゃいます。

ただ、人は自分のことが一番分からずに相手の気持ちも見えないので、婚活中は不安になります。

また最後に本当にこのひとで良いのかと迷うことがあります。そんな時に相手の気持ちの温度をしっかり確かめて、私どもカウンセラーが背中をぽんと押すことができます。

10月25日は私の結婚記念日でした。思い起こすと私の結婚も周りから背中を押してもらわなければ、今となりにいる夫が長く人生を過ごすことになる結婚相手とは気づいていませんでした。また結婚だけが幸せや自己実現の形とは思わない場合、今結婚して良いのか?と考えることがあります。潜在的に私の中にもあり、迷う気持ちがありましたので、多様化の今、婚活をは始めようか、または一人の人生を過ごそうかと迷う気持ちが良くかわります。

婚活カウンセラーとは

私がなぜ、婚活カウンセラー・仲人になろうかと考えたのかというと、本当の理由は上手く言葉にできないかもしれません。

言葉にならない何かに呼ばれての心の深い部分でコーリングというのか、この仕事なら自分を活かせて、自分の時間と魂を打ち込んでも人の人生の深い部分に関わる、やりがいのあると思ったからです。

気づいたら選んでいたという感じで、婚活のお手伝いは会員様と1対1で向き合う中で、心の中にある可能性に注目して可能性に挑戦するようなものだと認識しています。

人に役立ちたい

人に役立つというのなら仲人以外にもありますし、仲人は外から見えるよりも地味でセンシティブな感情に向き合うことばかりです。婚活とは恋愛に関わる華やかな仕事のように見えるかもしれませんが、実は婚活カウンセラーの仕事は地道なことの繰り返しです。短期のご成婚に中にも順調に進むことは少なくて、苦労を乗り越えた瞬間にいつも喜びがあります。

訪れる初対面の会員様が、これまでの恋愛や上手くいかなかった婚活の心の傷まで話すのは難しいかもしれません。丁寧にお話をお聴きして、一歩を踏み出せるようにと願いヒアリングをします。

結婚相談所のイメージは、経験豊富なカウンセラーが、過去の経験に照らし合わせて上から目線のアドバイスをするのでは・・と懸念されますがそのようなことはありません。

大手の結婚相談所でも、婚活コンシェルジュの頃から多くの会員様と同時にサポートして制限の中からはみ出た中で奇跡のご成婚がでることを体験しています。もっともっと一人ひとりに個人で独立したいと強く思い今に至っています。

日々変わる婚活を俯瞰しながらも、変化を受け入れながら最善を尽くそうと思っています。

丹波れい

婚活カウンセリングのお問い合わせは▼

HOME